建築模型を写真で紹介。下の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

ホール・シアター・劇場・美術館・教会・会議場の模型

ある建築家。。。04 その11

 

 

レンゾ・ピアノ ホームページ Renzo Piano Building Workshop 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GES2 Remodel in Moscow

 

 

旧発電所から美術館へ モスクワ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

201

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

403401

 

 

402

 

 

 

 

 

 

 

204

 

 

 

 

 

 

 

 

301

 

 

発電所から美術館へ 模型写真

 

 

301

 

表側

 

 

301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

304-2

 

 

304

 

 

 

 

303

 

 

裏側から

 

 

 

 

 

 

 

 

101

 

 

 

イメージスケッチ

 

 

 

401

 

 

 

 

ensemble 200

 

 

 

 

 

 

 

 

503502

 

 

 

 

 

 

 

ensemble 200

 

 

 

 

 

 

ensemble 200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ensemble 200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

309

 

 

 

 

 

 

 

 

 

308

 

 

 

 

 

 

 

 

 

308-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

306

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

005-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

006

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゾ・ピアノ ホームページ Renzo Piano Building Workshop 参照

 

 

 

 

 

 

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その1

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その2

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその3

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその4

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその5

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその6

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その7

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その8

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その9

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_10275

広告

<建築模型の写真> あるコンサートホールの建築模型 03

 

 

 

 

 

 

Philharmonie de Paris

音楽のために創られた複合施設

 

 

 

Ateliers Jean Nouvel 参照

 

 

 

 

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

202.jpg)

 

 

 

 

 

 

フィルハーモニー・ド・パリ(フランス語: Philharmonie de Paris)はフランス・パリ19区のラ・ヴィレット公園内

 

ジャン・ヌーヴェルの設計により2015年1月14日に落成。

 

日本人も音響設計として協力されています。

 

 

 

 

02

 

 

 

 

建築家ジャン・ヌーヴェルが手がけた新しい建物(Philharmonie 1)には、

2400席の大ホールやリハーサル室、展示室、レストランなどを収容。

 

 

 

 

すでにこの場所に存在していたお隣の音楽都市(Cité de la Musique)は、

Philharmonie 2 と名前を変え

(音楽博物館では、ショパンのピアノやブラッサンスのギター、ストラディバリの制作したバイオリンなど

国宝級の品々を鑑賞できます)

Philharmonie de Parisの一部として機能します。

 

 

 

 

 

02-3

 

 

 

 

 

 

 

03-5

 

 

 

 

 

大ホールは客席が舞台を囲むようなアリーナ型の構造。

最後列に座る観客と指揮者の距離は32m(パリ8区にあるコンサートホールのサル・プレイエルは48m、最大1913席収容)で、

演奏者と観客の一体感が高まる造りに。

 

ここを拠点にするのはパリ管弦楽団(Orchestre de Paris)、アンサンブル・アンテルコンタンポラン(Ensemble Intercontemporain)、

パリ室内管弦楽団(Orchestre de Chambre de Paris)など

 

クラシック音楽にとどまらず、ロックやジャズなどさまざまなジャンルのコンサートが開かれる予定。

 

 

 

 

 

 

50-2

 

 

 

54

 

 

 

 

 

 

 

 

03-9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

91

 

 

 

94

 

 

 

95

 

 

 

 

 

 

 

 

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

03-8

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

03-7

 

 

 

 

 

 

 

 

音響設計の進歩

 

 

外観のデザインは、特色ある形状を、建築家が生み出していますが、

 

音響設計担当者たちは、3D画像とモデリングソフトの進歩により、または

独自開発したソフトにより、音響効果を 物理的な模型(木、厚紙などの)に頼ることなく、

短期間で把握できる時代になってきております。

その音響効果を把握できる精度は、

客席の一人一人の感じ方を把握できるまでだそうです。

 

 

ホールでの大きな3D曲面は、音を拡散させる効果が高く、

3D曲面のサイズと位置との組み合わせにより、

特色ある室内のレイアウトデザインとして反映される。

 

大きな3D曲面は、飛び出した、せり出した客席となり

または、天井から吊り下げられる3D曲面として反映され

 

最上の音響効果を生み出しています。。。

 

大きな3D曲面は

音響効果の把握の精度を説明する一例に過ぎず

 

客席、ドア、ガラス、音響カーテンなど

あらゆる室内の素材、材質の音響効果を把握できるように

進歩しているのです。。。

 

 

残響2秒が、人の感じる心地よい響きとしての目安ですが、

これからは、どの客席でも心地よい響きが要求される

そんな時代が、今日

 

更なる、心地よい響きとは何か、

最上の響きが、 問われる時代に。。。

 

 

 

21

 

 

24

 

 

 

22

 

 

 

 

 

25

 

 

 

 

 

23

 

 

 

 

 

 

40

 

 

 

 

 

40-3-

 

 

 

 

 

 

40-5

 

 

 

 

 

 

 

 

40-9

 

 

 

 

 

 

 

 

23

 

 

41-4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

41-5

 

 

 

 

 

 

 

41

 

 

 

 

 

26

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

101

 

 

 

 

 

100

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_10275


<建築模型の写真> あるコンサートホールの建築模型 02

 

 

 

 

 

Kazakhstan Central Concert Hall , Astana

2009

 

 

designed by Italian architect Manfredi Nicoletti 

 

 

 

 

 

0

 

 

 

 

 

 

 

0-7

 

 

 

 

 

 

 

 

0-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0-6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40-3

 

 

 

 

 

41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

42

 

 

 

 

 

 

 

44-2

 

 

 

 

 

 

46-2

 

 

 

 

 

 

 

60

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

02

 

 

 

花びらを連想させるデザイン

 

 

 

03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

04

 

 

3,500席の主なコンサートホールは、音響カーテンのシステムと特別な天井デザインにより音響反射の

大部分を吸収して、クラシック、ポピュラー音楽、バレイ、その他多目的ホールとして対応しています。

 

その他400席と200席の小ホールは、室内楽、映画、会議など柔軟に対応するように設計されています。

 

 

 

07-3

 

 

 

 

07-3

 

 

 

 

06-3

 

 

 

06-3

 

05

 

 

 

外気温の+40°から-40°と潮風からの過酷な風土の環境に対応した

公共広場のスペースを設けています。

 

 

 

 

08-2

 

 

外気温の+40°から-40°と潮風からの過酷な風土の環境に対応した

公共広場のスペースを設けています。

 

 

06

 

 

06

 

 

 

06

 

 

 

 

20

21

 

 

 

 

 

22

 

 

 

 

 

 

 

24

 

 

 

 

 

 

25

 

 

 

 

 

 

 

70

 

 

 

 

70-470-3

 

 

 

 

 

 

 

 

50-2

 

 

 

 

 

 

52

 

 

 

 

 

 

 

 

0-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_10275