建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

ある建築家。。。08 その4

 

 

 

 

 

坂茂建築設計 Shigeru Ban Architects 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cardbord Cathedral – Christchurch, New Zealand

 

 

 

 

 

 

 

 

768px-ChristChurchCathedral1_gobeirneChristChurch_Cathedral_-_2011_earthquake_damage

 

 

 

 

 

 

KC3O0002

 

 

 

 

 

2011年 ニュージーランド 地震    クライストチャーチ大聖堂

 

ある建築家。。。08 その1 参照

 

 

 

 

 

 

KC3O0003KC3O0007

 

 

 

 

2012年12月

 

紙の聖堂。。。被災地 2013年4月 完成を目指す

 

 

 

 

 

 

KC3O0001

紙管

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

004

 

 

 

 

検討模型

 

 

 

 

 

002

 

 

 

 

 

検討模型

 

 

 

 

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2013・08

 

 

The Cardboard Cathedral was finally unveiled – August 2013.
紙の大聖堂がいよいよ完成 ―2013年8月

 

 

 

 

 

 

CCC_002

 

 

 

 

 

 

CCC_005

 

 

 

 

 

 

CCC_003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CCC_009

 

 

 

 

 

 

 

CCC_004

 

 

 

 

 

現地で調達可能な紙管とコンテナーを用いて三角形の断面を形成する。

オリジナルの大聖堂の平面と立面のジオメトリーを受け継ぎ、同じ長さの紙管の角度を徐々に変化させている。

700人収容可能で、教会としての機能の他に、多くのイベントやコンサートとしての使用も視野に入れている。

2011年7月31日に、同地にてプレス発表が行われた。

 

 

 

 

CCC_006CCC_010

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Garage Center for Contemporary Culture Temporary Pavilion

モスクワ仮設美術館

 

 

 

 

 

Screen Shot 2012-08-24 at 6_48_17 PM

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

gc006

 

 

 

 

gc007gc008

 

 

 

 

 

 

 

 

gorky02

 

 

 

 

 

 

 

モスクワのゴーリキイ公園に位置するアートギャラリー、

“Garage Center”のための仮設建築プロジェクト。

今までの他の仮設建築と同様、ローコストで短期の建設が求められる。

地元で生産可能な紙管を用い、高さ6メートル、2400平方メートルの楕円形の空間を生み出す。

このパビリオンは、2012年10月20日から、コンテンポラリーアートギャラリーとして一般公開された。

全ての建設工事完成は、2013年2月頃を予定している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CONTAINER TEMPORARY HOUSING – Onagawa, MIYAGI
コンテナ多層仮設住宅 – 宮城県女川町

 

 

 

 

 

onagawa20

 

 

 

 

onagawa24

 

 

 

 

 

 

 

 

 

001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UC

 

 

 

狭い土地活用、コンテナ活用(強度、防音)、開放的なLDK、工期の短縮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

onagawa22

 

 

 

 

 

 

onagawa12onagawa13

 

 

 

 

 

 

 

CTH_BuildingAllPlans_piblicationCTH_kanabakari

 

 

 

 

 

 

 

多層仮設住宅の特徴 / The Charactaristics of Container Temporary Housing

東日本大震災の被災地のなかには、十分な平地がないために、従来の平屋型仮設住宅では十分な戸数が供給できないケース。
そこで、海上輸送用コンテナ(20ft)を市松模様に積み上げて2,3階建の仮設住宅を提案し、宮城県女川町に189戸の多層型仮設仮設住宅を建設することになった。
この多層型仮設住宅には以下のような特徴がある。
・従来の平屋プレハブ型仮設住宅より、狭い土地に多くの戸数を確保できる
・住棟間隔が大きくとれるので、駐車場やコミュニティー施設が配置でき、各住戸の窓を開放してもプライバシーが保てる
・コンテナを用いてプレハブ的な建設工程による工期の短縮
・コンテナを一つ置き(市松模様)に積むことにより、コンテナとの間を開放的なLDKとすることができる
・優れた耐震性、断熱性、遮音性、耐火性能を確保できる
・仮設住宅としての使用後には移設し、恒久的なアパートなどとして組み替えることができる

 

 

 

 

 

 

 

 

zentai

 

 

 

onagawa14onagawa15

 

中央はマーケット Market

market

買い物の便が悪く日常品の入手がしにくい現状と、町民が思い思いの店舗を開くことのできる場所を提供するために、

中心な市場として大きなテントが設置されたマーケット。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

COMMUNITY CENTER – Onagawa, MIYAGI
女川町町民野球場仮設住宅 集会所 – 宮城県女川町

 

 

 

 

onagawa01

 

 

 

onagawa03onagawa02

 

 

上記の住宅部分でも使用した20フィートコンテナを左右に2つずつ並べて設備や収納スペースを収め、

コンテナとコンテナの間の空間には木造の屋根をかけて最大70人収容可能な集会スペースとした。

天井材と床材には宮城県産の杉を現しで用いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAPER ATELIER – Onagawa, MIYAGI
女川町町民野球場仮設住宅 紙のアトリエ – 宮城県女川町

 

 

 

 

onagawa08

 

 

 

 

onagawa10onagawa09

 

 

 

直径336mmの紙管を木製ジョイントで接合した片流れのフレームをおよそ1.2mスパンで10フレーム立ち上げている。

フレームとフレームの間には棚を配し、収納や展示に使用できると同時に、棚の背板によってフレーム同士の変形を抑えている。

外壁仕上げはポリカーボネート製の波板とし、北側壁面の一部にハイサイドライトを設けて柔らかい自然光を取り入れている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂茂建築設計 Shigeru Ban Architects 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

ある建築家。。。08 その1

 

ある建築家。。。08 その2

 

ある建築家。。。08 その3

 

ある建築家。。。 08 その5

 

ある建築家。。。08 その6

 

ある建築家。。。08 その7

 

ある建築家。。。08 その8

 

ある建築家。。。08 その9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_fp_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_fp_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_02

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_01

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_fp_12

 

 

 

 

 

 

 

 

sassi_1920_1200_ss_07

 

 

 

 

 

 

 

 

生活にねずいた建築文化

 

 

 

 

 

 

 

 

マテーラの洞窟住居 イタリア共和国

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_10275

 

thCAWR3K7ZF18-Hornet-Sunset

 

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。

広告

コメント / トラックバック2件

  1. 紙、コンテナ、と色々な工夫があるものですね。

    イタリアのお写真の地域のこの保存状態は
    圧倒的なものがありますね・・・
    絵本の世界のようです・・・
    キッチンが何気なくお洒落だったりもするんですね。

    いいね

    2013年1月22日 12:57 AM

  2. 洋子さん おはようございます。

    ありがとうございます。

    紙、コンテナ。。。仮設住居、仮設展示場など期間の短縮、費用の軽減いいです。

    洞窟住居。。。歴史の流れの中でいろんな制約のなかでも生活が育まれるようですね。

    いいね

    2013年1月22日 7:57 AM