建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

ある建築家。。。04 その5

 

 

 

 

レンゾ・ピアノ ホームページ Renzo Piano Building Workshop 参照

 

 

 

 

 

 

CONCEPUT STUDY FOR A NEW AUDITORIUM PROJECT (2011- )

 

BOLOGNA ITALY

 

 

 

 

コンサートホール

 

 

 

 

 

KC3O0119

画像の真上がボローニャの駅

KC3O0089

駅の下の四角い交差点の左下の緑地が 計画地です。

駅から徒歩10分

 

 

 

 

f5b34add-9c70-4e29-aca0-0bced5c19108

 

1d3c0b75-5fee-4e3c-a6b9-a7b5cbe4b9ee

 

picture_medium_2256

イメージのスケッチ 宙に浮かぶイメージ

 

 

 

 

58890c83-202e-4eef-bf11-40b9308bcec2

 

 

 

KC3O0094KC3O0097

 

模型の動画です。

KC3O0106KC3O0110

 

 

 

 

 

 

picture_medium_2254

1,800人収容、オーケストラを取り囲むように配置、

 

 

 

04711ebf-9819-4b4c-83ea-14729f964c6f

 

 

04711ebf-9819-4b4c-83ea-14729f964c6f

 

室内空間が不定形なのは残響のバランスを考慮。

 

地下に駐車場

 

 

 

 

 

0f8f2537-c762-40e0-a914-fbae932d7c99

 

音響を重要視され設計されたホール

体に響く。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PARCO DELLA MUSICA AUDITORIUM 1994-2002

 

 

ROMA ITALY

 

 

コンサートホール

 

 

 

 

 

 

picture_medium_555

イメージ スケッチ

 

 

 

 

 

 

 

picture_medium_553

 

 

 

picture_medium_557picture_medium_564

 

image_file_898_fr

 

 

 

 

 

3つの カブトムシ、コガネムシ のような コンサートホール

各700席、1200席、2800席

 

中央にはCAVEAと呼ばれる古代ギリシャやローマ劇場を想起する

4つ目のホールで3000人収容 のオープンエアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_file_909_fr

 

 

 

 

 

image_file_918_fr

 

 

 

 

image_file_911_fr

 

 

 

 

 

 

 

 

image_file_917_fr

 

 

 

大ホール

 

 

 

 

 

 

曲面で構成された天井は、コーナー隅の音が歪みやすいところまで

細心の配慮の工夫が覗える。大きいだけのホールでない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_file_897_frimage_file_929_frpicture_medium_569image_file_901_frimage_file_932_frimage_file_902_fr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_file_921_fr

 

 

 

 

 

image_file_920_fr

 

 

 

 

 

 

image_file_922_fr

 

 

中ホール

 

 

 

四角い反射板とスリット

反射と吸音をバランスさせた音響構成

 

クラシック向きでは デッドではなく

ライブな音響がもとめられるので四角い反射板の多い音響構成なのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

picture_medium_561auditorium_382163424746_876da261d8_b

picture_medium_556Auditorium di Romapicture_medium_562

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_file_924_fr

 

 

 

 

 

 

 

image_file_925_fr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_file_926_fr

 

小ホール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

picture_medium_559

 

Villa_romana_dell'auditorium

 

建築中に紀元前6世紀の遺跡を発見

収容施設を再設計

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image_file_843_frimage_file_842_fr

 

image_file_872_frimage_file_859_fr

工事の様子

 

 

 

 

3つのホールに共通してるのは 名称のとうり

舞台装置、スクリーン施設がなく 音楽専用のホールで室内空間のデザインが洗練されていて

日本で見られる多目的ホールを想起すると違いがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンゾ・ピアノ ホームページ Renzo Piano Building Workshop 参照

 

 

 

 

 

 

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その1

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その2

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその3

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその4

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその6

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノ その7

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその8

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその9

 

ある建築家。。。レンゾ・ピアノその10

 

 

 

 

 

 

<建築模型の画像> S=1:100外観模型、S=1:50大ホール内観模型、びわこホール模型

 

 

 

 

 

 

 

 

<建築模型の画像> S=1:50 曲面の演劇ホール、シアター内部検討模型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<建築模型の画像> S=1:30 音楽小ホール検討模型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_10275

広告

コメント / トラックバック4件

  1. すごいスケールのホールですね。圧倒されます。

    いいね

    2012年12月30日 3:13 AM

  2. ニコラスさん おはようございます。

    ありがとうございます。

    二つ目のホール(パルコ・デラ・ムジカ)は、それぞれの室内も

    残響を考慮して、形状がユニークで、
    曲面で構成されたり、反射板があったり、スリットを設けたり
    反射と吸音との兼ね合いを、いろいろと工夫されているのが
    見ていて飽きないです。。。

    いいね

    2012年12月30日 7:45 AM

  3. 思いもよらない発想ですね。
    なんて面白い形なんでしょう・・・
    大ホールの中は昆虫の体内を
    思わせるものがあって、なんとも妙な感覚です。
    どんな風に音が響くのか興味がわきます。

    いいね

    2012年12月30日 11:31 PM

  4. 洋子さん こんばんは。

    ありがとうございます。

    そうですよね。ホールの外観の印象から昆虫の体内を思わせますね。

    どんな風に音が響くかな?
    自然で伸びやかな。。。

    いいね

    2012年12月31日 5:25 AM