建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

ある建築家。。。10 その3

 

 

 

Victor Horta

ヴィクトール・オルタ
1861年1月6日 – 1947年9月9日

ベルギー

 

 

Wikipedia オルタ邸 参照

オルタ邸 と アトリエ

phpThumb_generated_thumbnailjpg

A5-E2-19-29-F1-3B-A1-58-A2-7D-8F-C2-CE-FC-84-85-1D-4D-F2-D8 Horta-Musee

bruxelles_saint-gilles_americaine_23-25_03 bruxelles_saint-gilles_americaine_23-25_02

coupe_maison coupe_atelier

オルタ邸 と アトリエ

2棟は一体として構想され内部で繋がっていますが

プライベートと職業のアトリエの区別を明確にするため

独立した建物となっています。

道路から見える印象は前回と同じく

街並みに同化した外観。

現在は美術館です。

 img_4d88f01db18fa 00002364_2

725_001 Victor-Horta-Hall-da-Mansao-e-Atelier-Horta1

horrta0015

Maison-Horta-Salle-Manger Horta_maison_3

 4256351562_9693e5f719_z 4256351170_f8cec23963_z

3a4a45b3f2439fe1e56cb8bb14864e93 copy-of-hortamuseum-3(p_activity,5333)(c_0)

horrta001

53347198_p 53347231_p

horta-2 73757724_p

73757705_p 53348224_p

53347186_p 53348329_p

53348167_p 73757871

826brushorta901 901brushorta901

902brushorta901 903brushorta901

911brushorta901 825brushorta901

824brushorta901 53348579_p

horta_maison_dessin

Wikipedia オルタ邸 参照

ある建築家。。。10 その1

ある建築家。。。10 その2

ある建築家。。。10 その4

 

img_10275

コメント / トラックバック6件

  1. 住んでみたい。

    いいね

    2012年5月1日 3:46 AM

  2. ニコラスさん こんばんは。

    ありがとうございます。

    オルタ邸は、後で もうひとつ家を取り上げようと 思うのですが、
    その3棟のなかで もっとも地味で3棟いずれも街に同化した外観です。

    家の表裏ともにガラスの面積を広くとり、トップライトを設けたり明るい
    室内を感じます。

    部屋の間仕切壁が少ないので内部空間を広く感じ、
    奥には 二つ目の階段があるそうです。

    いいね

    2012年5月1日 9:00 PM

  3. 外観の木の組み合わせ方や
    内装の木を使った装飾のデザイン性の高さに
    圧倒されます。
    良い職人さんがいるものですね~・・・
    時間を掛けて作り上げていったのでしょうね。

    いいね

    2012年5月2日 2:58 PM

  4. 洋子さん こんばんは。

    ありがとうございます。

    今回のオルタ邸、前回のタッセル邸と 木のデザイン性、加工技術が高いですね。
    今日まで 継承されていることを願います。

    床、手摺、壁、照明、家具など装飾されたデザインを 木、タイル、ガラス、鋳物、ペイントなどを経て
    変化し表現されています。

    人が造り出す 創造性、巧みな技術が 素材や表現は さまざまですが 工芸として
    進化した 時と 感じます。

    アール・ヌボーの時の生み出したものは、今日では お宝、資産的な側面の傾向として
    見られてしまうのは残念です。

    大量に生産し良い製品をコストを抑え提供することも生活する中でとても大事です。
    それとともに、  人の 造り出す  ことの大事さ  にも目を向ける必要があると。。。

    漫画も 極めると その描写する画力に圧倒されます。 アニメ・動画にも変化します。。。

    いいね

    2012年5月2日 7:39 PM

  5. こんにちわ~
    木とタイル大好きです。
    タイルは特に好きでいろんな可愛い色のタイルが並んで
    いると何て言うかホットします(*^_^*)
    木には温度があって安らぎます。
    壁紙の模様もレトロで素敵ですね。
    こう言うお家に住めたら良いなぁ~~~~~

    いいね

    2012年5月6日 10:41 AM

  6. ちえみさん こんばんは。

    ありがとうございます。

    そうですね。木材は木を乾燥させたもの、木製品は木材を加工したものですし、
    タイルは粘土、土、その他を混ぜ合わせた、どちらも自然の素材ですもんね
    人にやさしく、しっくりと馴染んでくれて日本の気候と風土に合っていますね。

      日本には、木材の仲間として竹があり、竹垣や竹製品、工芸品なども
      白壁、土壁は日本の湿度、乾燥をまろやかに自動調整してくれる魔法の壁ですし
      瓦屋根も もっとみなをしてほしいところですね。

    温かみがあって人にやさしい とても 大事ですね。

    いいね

    2012年5月6日 9:52 PM