建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

ある建築家。。。08  その2

 

 

 

坂茂 (ばん しげる)  1957年 東京都の出身。

 

その1では

紙管を建築の構造材として使用しています。

紙管の両端を金属でジョイントして角度を変えたり並べて増やすことができます。

世界や日本の災害で住宅や施設の建築基準をクリアし短い納期と安価な費用で実現。

移築することもできます。

その2では

住宅、集合住宅を中心に開放的で自由度の高い斬新な建築です。

坂茂建築設計 Shigeru Ban Architects 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

StudioForVocalist_ext1 StudioForVocalist_int1

 

 

 

 

 

 

声楽家の家 STUDIO FOR VOCALISTS- Tokyo, Japan, 1991

東京の住宅地に位置すること、施主が声楽家であるということから、特にプライバシーと遮音に対する対策が求められた。

住宅の外形は正方形で、対角線でふたつの直角二等辺三角形に区切り、その一方を内部空間、他方を外部空間としている。

天井のワッフルスラブはピラミッド型断面とすることで施工の煩雑さを軽減、ピラミッドの各頂点にはトップライトを設けている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAPER HOUSE PORTUGAL

 

 

 

 

 

 

 

PAPER HOUSE PORTUGAL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PAPER HOUSE PORTUGAL PAPER HOUSE PORTUGAL

 

 

 

 

 

 

生物学者の紙の家 Quinta Botanica – Portugal, 2009

 

海に面した崖の上の4ヘクタールの敷地には,美術品収集家であり植物収集家であるオーナーが,

世界中から集めた400点ほどの美術作品 と5,000種ほどの植物,そして約1万冊の関係図書がコレクションされている.

 

ここに,アーティス ティック・インスタレーションとして,たまに訪れる植物学者とアーティストのための仮の宿を設計.

初の恒久的紙管構造物「紙の家」と同じく,基礎は固定された木製ジョイントと紙管をラグスクリューで固定し,

鉛直荷重と横力を負担させるシステム.Sの字を描くプランは,重要な木を切らず,それらの隙間をすり抜けるように決められた.

 

設計と施工に10年近くかかったのは,現地の建築家,構造家,そして工務店が,

紙の構造の安全性を信用できず,しまいには引き受け手が見つからなかったためで

そのため施主が自ら部分発注をしながら長い歳月をかけて完成させた.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GSH-Axonometric211

 

 

 

 

GSH04 GSH06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GSH05 GSH07

 

 

 

 

 

 

 

GSH01 GSH02

 

 

 

ガラスシャッターの家 GLASS SHUTTER HOUSE – Tokyo, Japan, 2003

 

周辺のビルと同じように直方体のボリュームを配置、敷地の西半分いっぱいに空地をとっている。

シャッターを全開することで空地が内部空間の延長としてのコートヤードへと変貌する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHP10 SHP01

 

 

 

 

 

 

 

SHPh-axo1 SHP03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SHP11 SHP04

 

 

 

 

 

 

 

A_SHP09

 

 

 

 

 

 

 

B_SHP07 B_SHP08

 

 

 

 

 

 

SHP05

 

 

 

 

 

 

写真家のシャッター・ハウス SHUTTER HOUSE FOR A PHOTOGRAPHER – Tokyo, Japan, 2003

 

 

敷地は東京の一等地にありながら、道の向かいには4階建のマンション、接近した3階建ての隣家と大使館の高い塀に囲われ、

奥行が深く、あまり外に向かって開放的になれないコンディションで

ここに、本格的な写真スタジオを併設し住宅を挿入することは、非常にチャレンジング。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M2

 

 

 

 

 

 

AAA AA

 

 

 

 

 

BB BBB

 

 

 

 

 

 

M3 I1

 

 

 

 

 

 

 

 

I3 in3

 

 

 

 

 

 

in1 in2

 

 

 

 

SAGAPONAC HOUSE – Long Island, USA, 2006

 

The Sagaponac House is based on the plan of Ludwig Mies van der Rohe’s unbuilt Brick Country House (1924), reinterpreted according to program, structure and site. An improved version of the prefabricated Furniture House system was employed. The corners are reinforced with triangular plywood pieces to bear horizontal and vertical loads and to prevent buckling.

 

デザインの外観を優先させるのか、実用性を優先して快適にするのか。

パテーションで仕切ることで住宅の部屋の目的、機能、雰囲気を限定したり、周りの環境を生かせたりする。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ER-Axon-600ME1A

 

 

 

 

 

 

 

ME4 ME3

 

 

 

 

 

 

 

 

ME2 ME5

 

 

 

 

 

 

 

 

ME13 ME11A

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ME9 ME10A

 

 

 

 

 

 

 

 

ME14 ME15C

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ME16A ME16B

 

 

 

 

 

 

メゾン E MAISON E – Iwaki, Japan, 2006

延床面積が1200㎡にもなるこの2世帯住宅は、一方を幹線道路に、もう一方を閑静な住宅地に面している。

そのため諸室を内側に向け様々な中庭を配置しながらプライベートな空間を生み出すとともに、そこに美しい景観を作り出している。

大小の矩形をチェッカー状に配するプランに基づき、そこに部屋や通路、内部、外部を生活に適するように配置している

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OvelessHouse02

 

 

 

 

 

 

OvelessHouse15

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OvelessHouse04

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OvelessHouse11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

OvelessHouse14 OvelessHouse13

OvelessHouse06 OvelessHouse08

 

 

 

 

 

 

 

 

楕円虚の家 OVALESS HOUSE, Fukushima, Japan, 2009

楕円を中庭に配置し開放的なレイアウト、デザインで構成されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H19

 

 

 

 

 

H17 H18

 

 

 

 

 

 

H22 H14

 

 

 

 

 

 

H21 H11

 

 

 

 

 

H12 H20

 

 

 

 

 

H08 H05

 

 

 

 

 

 

H04

 

 

 

社員寮 H  DORMITORY H – Fukushima, Japan, 2006

 

 

住宅街にある23部屋のシングルルームアパート、ゲストルーム1部屋、共用スペース、と駐車場を含む社員寮。

1階は駐車場と共用スペース、テラス、2階は居住空間と分れて連続するトラスが壁のリズムを生み、それらをベランダにもなっている平行な2面のトラスが支える構造です。

2階部分を支えているのはわずか8本の柱で、1階の共用スペースには開放的な空間が広がっています。共用スペースにはキッチンと私用のミーティングルーム、それに隣接したリビング、ダ

イニングがあります。ガラスで囲まれたスペースから引戸を開けると、庇に覆われたテラスとプライベートガーデンが続いています。

アパート部分は大きな長方形の外周が居住空間で、内側には大きさの異なる中庭が続いて、居住者が自由に共用するという遊び心に富んだ設計。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MSH_06 MSH_09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MSH_01 MSH_08

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MSH_03 MSH_02

 

 

 

 

 

 

 

METAL SHUTTER HOUSE – New York, USA 2011

広くて高い開口を最大限に生かしながら、シャッターを閉じても採光も入るように工夫されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CrescentHouse_01 CrescentHouse_02

 

 

 

 

 

 

CrescewntHouse_axo_v10 [Converted]

CrescentHouse_05

 

 

 

 

 

 

 

 

CrescentHouse_06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CrescentHouse_08_TorinaoshiMachi

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CrescentHouse_10_SUBimage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三日月の家 CRESCENT HOUSE, Shizuoka, 2008

 

敷地は、南箱根の別荘地の北側斜面に位置する。北側の景色は、他の家にほとんど邪魔されることなく、

晴れた日には富士山まで眺望がきくまれな土地である。しかし、他方向は様々な形や色をした隣家があり、

それらを見ると自然に恵まれた開放感から一気に日本的な現実の世界へと引き戻されてしまう。

この三日月形の平面に、家具や水廻りのボリュームを間仕切りとして置くことにより、

二つの寝室とLDKの空間を形成した。

三日月の中央は、居間として最も奥行きが深い断面形状としたため、キャンティレバーの屋根が大きくなった。

それによる屋根の”たわみ“を押さえるため、柱が必要となったが、柱を立てる代わりに暖炉の煙突でそれを代用した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PWH2_01

PWH2_02 PWH2_06

 

 

 

 

 

 

 

 

PWH2_11 PWH2_14

PWH2_04 PWH2_21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PWH2_17 PWH2_09

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PWH2_10PWH2_05

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PWH2_20

VILLA VISTA- Weligama, Sri Lanka, 2010

 

 

 

2004年のスマトラ沖地震による津波によって破壊された、スリランカ南部の漁村キリンダに、

45棟の復興住宅を建設。その縁で、タイヤ会社を経営するベルギー人の施主。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂茂建築設計 Shigeru Ban Architects 参照

 

坂茂 – Wikipedia 参照

 

 

 

 

 

 

ある建築家。。。08 その1

 

ある建築家。。。08 その3

 

ある建築家。。。08 その4

 

ある建築家。。。 08 その5

 

ある建築家。。。08 その6

 

ある建築家。。。08 その7

 

ある建築家。。。08 その8

 

ある建築家。。。08 その9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_10275

 Angel Springs「山崎CMソング」~久石譲 ♪♪

久石譲 – Ballade~BROTHER♪♪

広告

コメント / トラックバック2件

  1. どれも奇想天外、という印象の造りをしていて
    どれも生活感を感じられない、と言いますか・・・
    撮影用にスッキリと綺麗な状態にしているのでしょうけどね。
    それにしても人が日常を送る空間には見えな~、なんて。
    あ、否定ではないですよ、もちろん。
    要所要所の工夫に驚いています。

    いいね

    2011年12月12日 2:44 AM

  2. 洋子さん こんばんは。

    ありがとうございます。

    施主様、オーナー様に引き渡す前までには撮影をしますので生活感がないのでしょう。
    また、CGで代用されているカットもあると思います。
    何かのヒントや 空間つくりの面白さが伝わればと思います。

    いいね

    2011年12月12日 10:24 PM