建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

ある建築家。。。08  その1

 

 

 

 

坂茂 (ばん しげる)  1957年 東京都の出身。

紙管を建築の構造材として使用しています。

紙管の両端を金属でジョイントして角度を変えたり並べて増やすことができます。

世界や日本の災害で住宅や施設の建築基準をクリアし短い納期と安価な費用で実現。

移築することもできます。

  他にも開放的で自由度の高い斬新な建築です。

 

 

坂茂建築設計 Shigeru Ban Architects 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cardbord Cathedral – Christchurch, New Zealand

 

 

 

 

 

 

768px-ChristChurchCathedral1_gobeirne ChristChurch_Cathedral_-_2011_earthquake_damage

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CardbordCathedral2_ CardbordCathedral3_

 

 

 

 

 

 

 

 

CardbordCathedral1_

 

 

 

 

 

 

紙のカテドラル クライストチャーチ大聖堂の仮設教会 ニュージーランド 1012年

現地で調達可能な紙管とコンテナーを用いて三角形の断面を形成する。オリジナルの大聖堂の平面と立面のジオメトリーを受け継ぎ、

同じ長さの紙管の角度を徐々に変化させている。700人収容可能で、教会としての機能の他に、多くのイベントやコンサートとしての使用も視野に入れている。

2011年7月31日に、同地にてプレス発表が行われた。地震発生から1年後の2012年2月22日完成を目指している。

紙管の間から日差しのグラデーションが暖かく感じられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_2070 

DPP_0001_low

DSC_2361 DSC_2503

 

 

 

 

 

 

DPP_0003_middle2

成都市華林小学校紙管仮設校舎 – 四川大地震復興プロジェクト HUALIN TEMPORARY ELEMENTARY SCHOOL – Chengdu, China, 2008

2008年5月に発生した中国四川省大地震。安価でかつリサイクル・リユースが可能であり、現地調達できる紙管の利用を特徴とした仮設校舎の設計を行い、

延べ120人の日本人および中国人のボランティアが夏休みを利用して両国間の理解を深めながら協力して施工。

未熟練労働者であるボランティアでも建設できるようシンプルな構法や施工計画を立案し、適切なプロジェクト管理により3棟(9教室)の校舎を約40日の工期で完成。

中国国内では初の紙管による建築で、最も早く実現した被災救援の校舎。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PDT_01 PDT_03

 

 

 

 

 

 

PDT_02 PDT_04

 

 

 

 

 

PAPER DOME TAIWAN – Taiwan, 2008

神戸地震後の紙の教会がここ台湾に移築されてコミュニティ センターとしての役割を 果たした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BNM-ext11 bnm-ext212

 

 

 

 

 

 

bnm-int211 BNM-int-visiter1

 

 

 

 

 

ノマディック美術館 ニューヨーク NOMADIC MUSEUM – NEW YORK, USA, 2005

 

 

マンハッタン西部の由緒ある桟橋につくられた海上輸送用のスチールコンテナと紙管による仮設の美術館。

この美術館にはカナダ人のアーティストであるグレゴリ-・コルベールによる200を超える大型写真作品とそれに関連した映像作品が展示されており、

ニューヨークでの開催ののち、サンタモニカでの展示を実現し、今後アジア、ヨーロッパへと移動し、展示を行う予定。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 33

 

66 6

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8 3

神戸 串乃家 KOBE KUSHINOYA – Osaka, Japan 2011

白壁のようですが店内が透けて見えます。内装は竹篭を編み上げるように壁面と天井が仕上っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

001

 

 

 

 

 

 

CPM07 CPM33

CPM08 CPM337

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CPM24 CPM53

 

 

 

 

 

 

ポンピドゥーセンター メス、 2010 Centre Pompidou-Metz – France, 2010

ポンピドー・センター-メスの六角形の水平飛影面を持った木造の屋根.フランスの国土の形は六角形に近いため,

フランス人にとって六角形は国のシンボル。日中には自然光が内部に届き、

夜間には館内の光で建物全体が浮かび上がるようにした.周囲の公園の延長として大屋根の下に集まる場所をつくり、

建物のファサードをガラス・シャッターで容易に消し去ることで、内外の空間の連続を可能にした.

大屋根の下に入場無料の大空間フォーラムがあり,市民はお茶を飲んだり,彫刻やインスタレーションが自由に楽しめ,

そこから垣間見られるギャラリーの作品に誘われ,少しずつ空間のシークエンスを体験し,奥に進んでいく.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011 2011

2011 2011

 

 

 

 

 

 

HERMES PAVILION- 2011

切り妻屋根と縦格子の空間と紙管と半透明の素材が室内を開放的に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

paperbridge1 paperbridge3

 

 

 

 

 

 

 

paperbridge0 paperbridge2

 

 

 

 

 

 

PAPER BRIDGE – Remoulin, France, 2007

 

ユネスコの世界遺産に登録されている、南フランス・ニーム近郊にあるローマ時代の水道橋、

ポン・デュ・ガール(Pont du Gard)で、夏の観光シーズンのイベントとして、ポン・デュ・ガールをテーマとして仮設の作品。紙の橋の形態あるいはジオメトリーは、

ポン・デュ・ガールの石のアーチと同じ寸法の円弧を使用。

 

 

 

紙管は、「ハノーバー万博日本館」や、「ブルゴーニュ運河博物館ボートハウス」そしてパリの「紙の仮設スタジオ」で既に実験し

認定を取ったのと同じ直径115mm、厚み19mmの紙管を使用。ジョイントは、「ペーパードーム アムステルダム」や

「バザレリー・パビリオン」、「シンガポール・ビエンナーレ・パビリオン」で採用した、ポストテンションを入れたスティールジョイントを使用。

構造設計上は、安全率を十分に見て、一度に渡る人数を20人に限定し、完成後はプルーフ・エンジニア立会いのもと、公認試験機関が、

水袋を使い20人分として、1.5トンまでの積載実験を行った。結果的には予想よりはるかに強く、

最頂部のたわみは9mmで、1.5トンの水袋を取り除くとたわみは2mmにまで戻った。

フランスの新聞ルモンドには、ポン・デュ・ガールに「弟」ができたと紹介された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_8052 IMG_8034

 

 

 

 

 

 

 

05 IMG_8024

 

 

 

 

 

DAVINES BOOTH- Bologna, Italia, 2011

 

竹篭のように織られた天井、商品の展示、紙管の展開がある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pavillion_int1 details_tubes2

 

 

 

 

 

JP-Elevation-051 JP-Axo1

 

 

 

 

 

 

ハノーバー国際博覧会日本館 2000

 

ハノーバー万国博覧会は、1992年のリオデジャネイロ宣言を受け、環境問題をテーマに掲げている。

そこで日本館の設計理念として、博覧会閉会後に解体されるパビリオン自体が問題の環境負担とならぬよう産業廃棄物を最小限に押さえること、

そのために建材のリサイクルまたはリユースをデザインのクライテリアとして材料・構造を考えることとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

 

 

2 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5 6

 

 

 

 

 

 

ナインブリッジズ ゴルフクラブハウス 2010HAESLEY NINE BRIDGES GOLF CLUB HOUSE – Korea, 2010

 

木造の屋根をつくりたいという純粋な気持ちと,さらにシンプルなイメージとして,子どもの頃使った木製「ゴルフティー」のキノコ状の形が思い浮かんだ.

そこで、六角形と三角形が組み合わさったジオメトリーによる木造グリッド連続アーチのユニバーサルな大屋根をつくり,

その下にクラブハウスに必要な機能を配置した.

 

 

 

韓国の伝統を意識するデザインという意味で,慶州の古建築を回った時,日本の木造建築と比べ石が基壇部に多く使われているという強い印象を持った.

そこで木造の軽快なアーチと対比して,更衣室や風呂場などを石の基壇部に配した. このクラブでは,VIPレセプションとスパ,

そしてVIP用ロッカールームを兼ねたスイート・ルームをそれぞれ別棟としてクラブハウスに付随させた.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\\Mail-chin\sba_tokyo\TOKYO\Interns-staffs\Lena\3d\a7 Model (1) Seikei01

 

 

 

 

 

 

 

Seikei043

 

 

 

 

 

 

 

 

Seikei02

 

 

 

 

 

 

 

 

Seikei03

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成蹊大学情報図書館SEIKEI UNIVERSITY LIBRARY – Tokyo, Japan, 2006

一般的に図書館といえば勉強をするための静かな場所とされるが、この図書館ではさまざまなコミュニケーションや

情報交換に対応できるよう「喋られる」新しい図書館のあり方を提案している。人々が集い、情報を交換し、

議論をする場としてのグループ閲覧室を 中央のアトリウムに浮かべている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坂茂建築設計 Shigeru Ban Architects 参照

 

 

 

 

坂茂 – Wikipedia 参照

 

 

 

 

 

 

 

ある建築家。。。08 その2

 

 

ある建築家。。。08 その3

 

 

ある建築家。。。08 その4

 

 

ある建築家。。。 08 その5

 

 

ある建築家。。。08 その6

 

 

ある建築家。。。08 その7

 

 

ある建築家。。。08 その8

 

 

ある建築家。。。08 その9

 

 

 

 

 

 

 

img_10275

Angel Springs「山崎CMソング」~久石譲 ♪♪

久石譲 – Ballade~BROTHER♪♪

広告

コメントは受け付けていません。