建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

<建築模型の画像> S=1:300 アールデザイン2プランのスタイロフォーム検討模型

 

 

 

スタイロフォームのお問い合わせについて、参考にして頂けましたら幸いです。

 

 

 

 

 

docu0044 docu0041

 

 

左側の写真は計画地の中で、ベージュが既存の建物で、ブルーが新しい計画プランの建物です。

右側の写真は、左の同じ敷地ですべて新しい計画プランの建物です。

 

建物とを結ぶメインフロア、階段室、連絡通路の配置の検討。人と車の大まかな導線、駐車場の位置の検討。

敷地周辺と計画地との検討、緑地、樹木の検討などです。

 

 

 

 

 

docu0046 docu0042

 

 

 

既存の道路、街並みの模型から2つの計画プランを取り替える、差し替えることができるように

プランの敷地形状の形に穴を空けて製作します。

スタイロフォームを加工のするのは熱線の固定ヒートカッターとカッターナイフです。

ヒートカッターは計画プラン周囲の建物のボリューム模型や計画プランの模型の壁を

スライス状に切り出すのに使用します。スライス状のスタイロを計画の建物の壁に加工するのに

鋭角の刃のカッターナイフを使用します。

 

 熱線ヒートカッター、スタイロカッターの写真については こちらを参照してください。

 

 

 

 

 

docu0045 docu0043

 

 

 

 

スタイロフォーム材が使用される模型は建築プランを立体にすることで早く的確に検討するのに優れています。

常にCGも併用され検討されるのですが模型があると上下左右に瞬時に動かせることでプランの見え方を

把握しやすいようです。それゆえに模型を早く仕上げることが要求されます。

今回は左右の模型すべてを3日以内で仕上げます。図面を的確に読み3日の中でプランの変更もあり、

途中の仕上がり状態のメール写真のやり取りも行われます。

 

 

 

 

 

上のプランとは別のプランを追加しましたので参考にしてください。

ベージュの建物が既存の建物、ブルーが新しい追加のプランです。

既存の建物、新しいプランに共通して円弧のアールの目隠しの壁が特色です。

 

 

 

docu0049 docu0047

 

 

 

 

docu0050 docu0048

 

 

 

 

 

 

docu0053

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<建築模型の写真> S=1:300 スタイロフォーム材の高層タワービル模型

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<建築模型の写真> S=1:150 スタイロフォーム材のマンション模型

 

 

 

 

 

 

 

建築模型についての

個々のご質問のメールついて必ず返事いたしておりますが、

直ぐに返信できず遅れることもあります。

 

ここで取り上げます模型の内容についてメールでのご要望に

お応えできればと思いますが、模型をご依頼される会社(クライアント)の許可が得られず

秘密厳守、守秘義務で公表できないことも多々あります。

 

お許しお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イイノナホimg_1027

 

 

。。。

広告

コメントは受け付けていません。