建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

<建築模型の画像> S=1:50 子午線の通るまち時計塔の模型

 

 

 

DSC00071-001 DSC00075-001

 

 

 

    DSC00022-001DSC00011-001

 

 

 

 

 

 

 

 

模型のサイズ 300X300X高さ400m/m

 

子午線は南北を通る地図上に想定された線です。

塔の高さは20メートルです。

瓦屋根、銅の錆びた緑錆の銅板屋根、川越の時の鐘のように板を重ね合わせた鎧戸

黒の漆喰の塗り壁仕上げです。

模型に付いてる時計の直径は1メートルなんですが模型写真で見ると小さく感じますね。

 

 

 

 

建築事務所の最終プランは今回の模型写真と異なり、より洗練されシンプルです。

今回の模型は了解のもと載せてみました。

 

最終プラン公開の後に紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00005-001 SONY DSC

 

川越の時の鐘 木製の鎧戸が特色です。                                                       出石辰鼓櫓   右にある建物の高さから大きさが推察できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 Sapporo_Clock_Tower_Hokkaido_JapanHouses_of_parliament_overall_arp

 

 

札幌の時計台                                                   イングランド、ロンドンのウェストミンスター宮殿の時計台 ビッグベン

 

 

 

 

 

 

Kremlin_Spasskaya_Tower   Zytglogge_01

モスクワの赤の広場から見るクレムリン宮殿の時計台                                                            スイス、ベルンの時計台

 

 

 ウイキペデイア 時計台 参照

 

 

時計を見せるため4面の塔の形状が多いようですが、屋根の形状、壁の素材と色はそれぞれ特色があり面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<建築模型の写真> S=1:50 木造の門、なまこ壁、離れの部屋のおそば屋模型

 

 

 

 

 

 

<建築模型の写真> S=1:100 一枚の敷地図、配置図からの古建築の模型

 

 

 

 

 

 

 

 

。。。

広告

コメント / トラックバック4件

  1. 昨日この時計台を観て時代を感じました。
    うまい表現ができなかったです。時代の流れというべきか町の風情というのでしょうか?昔の時計台はその目的のはっきりしたものと思います。今日建てられる時計台の目的はそれと違いますね。それが建築物に現れているのかも。

    いいね

    2011年2月24日 4:18 AM

  2. ニコラスさん こんばんわ。

    ありがとうございます。

    そうですね 迷いが建物に現れて、目的が絞れてないようです。

    いいね

    2011年2月25日 12:00 AM

  3. こんにちわ~
    川越の時の鐘、見たことあります(*^^)v
    時計って何か人生のように思いますね。

    いいね

    2011年2月25日 5:44 PM

  4. ちえみさん こんばんわ。

    ありがとうございます。

     時 薫るまち川越ですね。親しみを感じるところです。

    テレビ番組で「世界ふれあい街あるき」、「ぶらタモリ」

    を見てますと、その場所その場所での時の、時代の流れを垣間見ます。

    時計の時の重みは人生のようかもしれませんね。

    いいね

    2011年2月25日 6:47 PM