建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

大坂城にて。。。S=1:350 豊臣秀吉と徳川幕府のころの大坂城の模型

 

 

 

大阪城天守閣ホームページ http://www.osakacastle.net/ を参照させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Osaka_Castle_Keep_tower_of_「A_figure_of_camp_screen_of_the_Osaka_summer」-2

 

 

 

 

 

豊臣秀吉のころの大坂城は、 黒漆塗りの下見板張りで、漆喰壁部分は灰色の暗色、金具や瓦に金の意匠。

内堀が深く周り込んで、3段の石垣の上の右角に天守閣があります。

 

 

 

 

大坂城本丸推定断面図

 

 

 

 

 

 

Osakacastle-5

 

 

 

004

 

 

001A

 

 

002

 

 

003

 

大坂城内の展示模型から

 

 

 

 

 

Osaka-zu_byobu_Gokuraku-bashi

豊臣大阪城の極楽橋(豊臣期大阪図屏風

 

 

 

 

 

Osaka-zu_byobu

左手

 

Osaka-zu_byobu

豊臣期大阪図屏風

Osaka-zu_byobu

右手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC00118-01

 

 

 

 

 

DSC00120-01

 

 

 

 

DSC00120-02 DSC00121-02

 

 

 DSC00121-01

 

 

 

 

 

20141202185431c5f

 

 

 

 

 

 

-2

左手

 

 

-2

中央

 

 

-2

右手

 

 

 

 

 

 

The_Siege_of_Osaka_Castle (2)

The_Siege_of_Osaka_Castle

 

The_Siege_of_Osaka_Castle (3)

 

 

 

 

 

 

大坂夏の陣図屏風

大坂夏の陣図屏風の左半分は城下の民衆が逃げ迷う様子を、 右半分は武士の合戦の様子を描くとても大きな屏風。

幕府の武士たちは、私欲のため城下の民衆の財産を身包み取り上げ、恩賞を得るため民衆の首さえ武士の首と偽り、

切り落とし差し出したそうです。城下の民衆の逃げ迷う様子が描かれた 重要文化財です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Osaka_no_eki_winter

 

Osaka_no_eki_summer

 

 

 

 

 

 

 

Oosakajou

大坂御城御本丸并御殿繪圖

江戸時代前期

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳川幕府により再建された大阪城

 

S=1:350

江戸時代の大坂城

徳川幕府により再建された大阪城

 

 

徳川幕府により再建された大阪城

 

徳川幕府により再建された大阪城

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳川幕府の再建された大坂城

内堀の石垣の地盤も工事により一段に高く統一され 天守閣の位置も変わり白壁です。

昭和に再建された大阪城もこのころをもとにしたようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

untitled-02

 

 

 

 

Osaka_Castle_01bs3200Yagura_and_Osaka_business_park

 

 

 

 

 

 

img_10275

広告

コメント / トラックバック6件

  1. 英さん

    eyespaceさん、こんばんわ。大阪城は、随分前rに一度行ったことがありますが、こんな展示もあったんですね。あちこちに城がありますが、規模では大阪城が一番でしょうかね。建築物としては、日本の城は美しく、素晴らしいのですが、これだけの物を造るためには、色々な犠牲もあったんだろうと思うと、それはまた別の感慨もあります。

    いいね

    2009年6月18日 8:53 PM

  2. eyespace

      英さん こんばんわ~ ありがとう。 秀吉の大阪城は 内堀の中の地盤面は平らでなく自然の起伏を生かしながら石垣を3段階に上げながら高さを稼いでその上に天守閣を築いています。 徳川幕府の内堀の中の地盤面の高さは、秀吉のころより高くしかも内堀まで平らになっていて内堀の石垣の高さは秀吉のころと比べるとかなり高く築かれていることになります。さらに天守閣も秀吉のころよりも高く現在の高さと同等の見晴らしです。 徳川幕府のこのような不必要な工事は外様大名以下の各大名の財力を低下させるのに好都合な工事だったのでしょう。 姫路城(白鷺城)も大きくて、美しいですね。

    いいね

    2009年6月18日 9:39 PM

  3. 洋子

    大阪城立派な建物ですね。秀吉の頃は黒の塗り壁だったとは・・・模型もすごいです!こんな風になっていたのですね。

    いいね

    2009年6月19日 2:10 AM

  4. eyespace

      洋子さん おはよう ありがとう。 秀吉のころの大阪城は、徳川幕府の再建した大阪城とは別物で、とくに内堀から中の天守閣を含めた建築物は現存する大阪城からは推定できないぐらい異なる建築物が建ち並んでいたようです。天守閣の黒塗りに金の意匠を施した様子は重厚な感じがします。 秀吉のころは第三の堀が城下を包むように巡らされていて、航空写真から見える緑の大阪城公園の4倍の広さで西南の方向に城下が存在して第三の堀で守られていたようです。大坂冬の陣では、第三の堀と城下が盾となり徳川幕府軍は攻めあぐねたようです。

    いいね

    2009年6月19日 9:55 AM

  5. ちえみ☆

    おはよ~大阪城公園の梅やライブには、行きますが。。。こう言うのは、見たことないです。歴史って凄いですね(^o^)/

    いいね

    2009年6月27日 9:28 AM

  6. eyespace

      ちえみさん こんばんわ~ ありがとう。 大阪城は 天守閣の内外ともに改装されて、映像で見せてくれる展示がたくさんあります。模型も大小あります。ひととき、歴史の大きな時の流れや、  人物に     想いを、夢を  巡らせてみるのも 。。。

    いいね

    2009年6月27日 8:36 PM