建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

<建築模型の画像> S=1:50 越屋根(こしやね)、虫籠窓(むしこまど)の住宅模型

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00003-0001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00008-0001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00002-01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00001-01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00014-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00006-001  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00004-01DSC00012-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
フルアルバム写真クリックで多数の写真をご覧いただけます。
 
 
 
 
 
 
サイズ 250X200XH230m/m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
越屋根とは普通の屋根の上に一段高く設けた小さい屋根のことです。
本来は、囲炉裏や、かまどからの煙を出すために工夫されたものですが、
夏場、家屋の暖かい空気を効率よく排気することで涼しく過ごせます。
 
 
虫籠窓は、正面玄関の真上の二階の窓のように、外観が昔の虫かごの
タテ格子の形状からそう呼ばれてるようで、明かり取りや通風を目的としたものです。
 
格子の玄関とともに越屋根、虫籠窓、古い街並みの風情を感じさせます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イイノナホ20090218_819745
 
 
 
 
 
 
 
。。。
広告

コメント / トラックバック4件

  1. 洋子

    名称や用途を知るとまた見るのが面白くなりますね。
    越屋根にはそういう利点があるんですか~。
    虫籠窓というのもなかなか良いものですね。
    あれがあるとないとではガラッと印象変わりますもんね。

    いいね

    2008年7月5日 12:43 AM

  2. eyespace

       こんばんは~洋子さん ありがとう
      越屋根には 煙や暖かい空気の排気という空気の対流を起こす作用のほかにも利点が
     あるんですよ。 
      越屋根の下の部屋の空間には、越屋根の窓から下の部屋に直射日光があたることがないので、
     安定した柔らかい明かりが採れるんです。
      越屋根の引き違い窓は、はしごを掛けて開け閉めしてたのではなくて、専用の棒で窓に
     引っかけて 開け閉めしてたようです。  仕事が速い! ですね!
     
      

    いいね

    2008年7月5日 8:35 PM

  3. 英さん

    eyespaceさん、これは現実の建築されて売りに出される建物ですか?
    分譲ということですので、一般の方が生活する家ですよね?
    最近の住宅は、新建材を多く使い、日本の昔の風情がだんだんなくなっていますが、これはいいですね。
    越屋根があるということは、多分省エネにも気を使われているんでしょうね。

    いいね

    2008年7月6日 7:53 PM

  4. eyespace

       こんばんは~英さん ありがとうです。
      そうなんです。一般のお客様に分譲されて生活されている建物です。
     目を引いたり、美しいだけではないのです。
     シロアリが嫌う栗の木や檜の赤身材を土台に使っています。
     昔からの信頼度の高い優れた材料を使い次世代にも使える建物造りなんです。
      価格的に少し割高になるのかもしれないですね。(^_^)。
     
     前にも少し書いたのですが、
      日本の建築美は、その地域を取り巻く自然環境から材料を取り、加工し、
     蓄積され受け継がれていくのは その優れた機能と
     洗練されていく機能美であるがゆえにだと思うのです。
     

    いいね

    2008年7月6日 9:59 PM