建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

<建築模型の画像> S=1:200 茨木市きらめきホールの模型

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
きらめきホール、多目的スタジオ、工芸室、アトリエ、陶芸室、和室、食工房、LL学習室など
 
特色あるエリアと省エネルギーに対応するために 建物の中央に階段状の中庭を設けて採光を取り入れ、みどりを配置。
 
屋上には、トップライト、ソーラー施設、みどりを絡ませるパーゴラ、芝生を設けています。地上にある庭園側の建物の
 
ガラス窓はサイズを大きくとり 外壁より凹ませて 日差しが直接に入らないように配慮され、駐車場も自走式が備わってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00085-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00035-002 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00043-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00066-001 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00071-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00066-002
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00081-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サイズ 900X750X高さ210m/m
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

<建築模型の写真> S=1:50 市の会議場の木調仕上げの模型

 

"S=1∕ 50  会議場の検討用模型" の表示

フル アルバムを表示

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

<建築模型の画像> S=1:50 大広間、会議、式典の内装模型

"S=1∕ 50 ホテル大広間の内装検討模型" の表示

フル アルバム

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

<建築模型の画像(写真)> S=1:50 兵庫県立美術館の検討模型

"S=1∕ 50 兵庫県立美術館 エントランスから屋外展示スペースへの検討模型" の表示

フル アルバムを表示

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
img_10275
広告

コメント / トラックバック4件

  1. 洋子

    こんばんは。お久し振りです。
    この建物は大きそうですね。駐車場もしっかり確保してあるし。
    屋上に芝生ですか・・・気持ち良さそう。ソーラー施設もあるんですね?
    アールに飛び出した部分に動きがあっていいですね~。

    いいね

    2008年4月24日 12:30 AM

  2. eyespace

     こんばんは~ 洋子さん ありがとう。
    「アールに飛び出した部分に動きがあっていいですね~」って洋子さん こわっ。
    びっくりです。と言うのは..設計担当者が 一番最後まで こだわられた ところで
    修整したところです。
      洋子さんのブログ楽しんでますよ。写真で止まってしまって、コメント読んでると、ちょっとの休憩の
     つもりが 時計を見て慌てて仕事にもどったりで...ありがとう。  がんばってください。

    いいね

    2008年4月24日 1:10 AM

  3. 英さん

    この模型を見ていると、建物って真上から見た設計するんですね。
    普通、我々が見るのは道路から目の高さでしか見ませんが・・・
    それと、素直な感想として、「まだこんな豪華な箱物を造るところがあるんですね」
    日本も色々あるけど、まだ本当には困っていないってことですかね。

    いいね

    2008年4月25日 10:23 PM

  4. eyespace

      こんばんは~ 英さん ありがとうございます。
     設計担当者は計画当初の大まかな配置の段階では、真上からのレイアウトの段階もあると思います。
    さらに機能、効率、特色、耐震性、適正な価格と工期など 様々の条件、制約を配慮しながら 立体の形で、
    様々な切り口で断面的にも認識し図面に具体化しているのです。また道路、歩道から計画中の建物が
    どう見えるのか依頼者側とも CGやパースをもとに打ち合わせされ決定されています。
     そうですね、昨今の時代の流れからすると今後は こういった大きな事業は困難かもしれませんが、
    生涯学習ともいわれます。地域の市民のひとり、ひとりが、施設を認識し、どれだけ価値あるものとして
    新しい物事や価値を発見したり、社会に貢献する学習の場所として有効に利用できるかですね。

    いいね

    2008年4月26日 1:03 AM