建築模型を画像で紹介。下記の(関連カテゴリー)で 検索できます。   製作 http://www.space1.jp/     転載・複製厳禁

<建築模型の画像> S= 1:75 街のお寺の模型

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00008-002DSC00007-006
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一階 駐車場。 二階 本 堂。 三階 来客室、準備室。 四階 自 宅。
 
外観は目隠しも兼ねた小さな格子を縦に使ったデザインで、色調も落ち着いた感じでまとめられています。
老朽化したお寺を、限られた敷地の中で有効に生かすためには、構造上、木造と言うわけにはいかず、
お寺の趣を残しながら工夫された装いで、釣り鐘を支える やぐらは屋上に据えられています。
 
過ぎ去る時代の流れのなかで 昔ながら このお寺をご利用になられてこられた檀家さん達が
お参りに来られた際にこの釣り鐘の響きを聞くのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00007-003
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00007-007
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DSC00009-001
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サイズ 510X420X 高さ 490m/m
 
 
 
一階 駐車場。 二階 本 堂。 三階 来客室、準備室。 四階 自 宅。
 
外観は目隠しも兼ねた小さな格子を縦に使ったデザインで、色調も落ち着いた感じでまとめられています。
老朽化したお寺を、限られた敷地の中で有効に生かすためには、構造上、木造と言うわけにはいかず、
お寺の趣を残しながら工夫された装いで、釣り鐘を支える やぐらは屋上に据えられています。
 
過ぎ去る時代の流れのなかで 昔ながら このお寺をご利用になられてこられた檀家さん達が
お参りに来られた際にこの釣り鐘の響きを聞くのでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広告

コメント / トラックバック6件

  1. 洋子

    2階本堂入口の壁に屋根が突き出ているあたり、かなり斬新ですね~。
    きっと必要だからああなったのでしょうけど。
    けど大丈夫かな~って、素人目には危なっかしく見えたりします。大丈夫なんでしょうけど。笑。

    いいね

    2007年10月24日 10:21 PM

  2. eyespace

         
          洋子さん いつも ありがとう。
       そうなんだ~屋根が重たく感じて、安らぐべきお寺の入り口で不安を感じるのは、検討しないとね。
      この屋根の製作の際にいくつかの案が検討されてることを設計の担当者が言われてました。お寺の
      雰囲気を出すために とりあえず模型で検討も兼ねて造る指示が出たのかな~最終の工事で
      屋根はどのような案でまとめられたんでしょうね?。
      

    いいね

    2007年10月25日 10:13 AM

  3. ちえみ☆

    町の中のお寺とても不思議な景色ですね。
    それも、ありでしょうね。
    マンションばかり建ってしまって少し寂しい気もしますね。

    いいね

    2007年10月26日 4:13 PM

  4. eyespace

     
             ちえみさん   ありがとう
         町なかでは老朽化したお寺が、様々な制約や有効な活用の為に、ビルの形態になって、上えと伸びていくようです。
         それでも、なんとかお寺の感じが欲しくて、住職さんの感性が不思議な形態を導くのでしょうか?この前も
         木造建築の純和風のお寺がどういう訳か、西アジア風の寺院のビルに建て変わり、宗派でも変わったのかと思いました。
         立て替えられず、後を継がれる予定が立たず 処分されることもあるようですが。お寺は木造であってほしいです。

    いいね

    2007年10月26日 6:10 PM

  5. ちえみ☆

    本当にそうですね。近代的になるのは、しょうがない事ですが…
    本来の日本の良さがなくなって来たね。
    優しい景色が無くなってきたね。高層ビルばかりで空が見えなくなって
    来たね。

    いいね

    2007年10月27日 4:58 PM

  6. eyespace

     
           ちえみさん いつも ありがとう
        本来の日本の建築の良さは、古寺に観られるように,木と土(土壁、屋根瓦の中の土)と瓦の調和された美しさで、
       日本の自然環境に基づく素材です。環境に優しい建築は、人の心にもやさしい。人口が集中すると、どうしても建物が
       高層化する。木造建築では五重塔以外は三階建てぐらいまでですから、日本の自然と風土には本来は、それぐらいの
       高さが調和する高さかもしれませんね...笑。人の心のやさしさが、環境に、建築される建物に生かされてほしいです。
       
       

    いいね

    2007年10月27日 7:11 PM